アパート建築に重点を置いて、息の長いアパートを建てよう

私は土地を所有していたから決断できた

私は土地を所有していたから決断できた : 土地があれば金融機関も融資してくれる可能性がある : 魅力的な職業

私は運のよいことに、アパート用の土地を所有していましたので、アパートを建てることを決めた時には、上物だけの費用で済むので助かりました。
アパートにしろマンションにしろ、賃貸用物件を建てるためには、絶対に「土地」が必要です。
当たり前の話ですが、土地がなければ物件を建てることはできません。
ですから、土地のない人がアパートやマンションを建てる場合には、土地から仕入れる必要があるのです。
その場合の注意点として、なぜその土地にアパートやマンションを建設する必要があるのか、つまり需要があるのかどうかを判断する重要な決断に迫られます。
需要のないところに建設しても、空室が増えてローンが返済できなくなるリスクが高まります。
土地から仕入れて行う場合には、その場所に賃貸物件を建設すれば、確実に需要が見込めるという、「確信」が必要になるのです。
それがないのであれば、土地から仕入れてアパート建築を行うことは止めたほうがよいでしょう。
土地代と建物代を合わせると、たとえ木造の物件を建てるにしても、かなりの金額になることは想像に難くないでしょう。
全額自己資金で行うならばともかく、金融機関を利用してまで、土地から仕入れて物件を建築するのであれば、利回りもかなり低くなります。
つまり満室であっても毎月の手残りは微々たるものになってしまうことは言うまでもありません。
ですから、私は土地を所有していたので、やや不安もありましたが、決断することが出来たとも言えます。